石埜総合事務所
知的資産経営報告書作成支援
■知的資産経営とは
「知的資産」とは、人材、技術、組織力、顧客とのネットワーク、ブランド等の目に見えない資産のことで、企業の競争力の源泉となるものです。これは、特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく、組織や人材、ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方です。
さらに、このような企業に固有の知的資産を認識し、有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼びます。

    (参考)近畿経済産業局「知的資産経営のすすめ」
    (参考)近畿経済産業局「知的資産経営のすすめ」

■知的資産とは
知的資産は、次の3つに分類できます。それぞれの資産を洗い出すとともに、人的資産をいかに構造資産に変えていくかも、重要な視点となります。

人的資産
個々人の持つ知識、技術経験、ノウハウ、など、 従業員が退職すると持ち出されてしまう知識
構造資産
経営理念、企業文化、システム、データベースなど、従業員が退職しても企業内に残る知識
関係資産
顧客、供給業者、その他利害関係者等との関係に付随したすべての資源
地域資源も需要な関係資産である
■知的資産経営報告書とは
 「知的資産経営報告書」とは、企業が有する知的資産について、過去から現在の価値を表現するだけでなく、将来に向けての新たな価値創造を明らかにしたものです。
知的資産経営報告書は、取引先のみならず、従業員や金融機関、株主など、関係するステークホルダーすべてに開示するもので、企業価値向上、企業の将来性に関する認識の共有化が図れます。
報告書は単に作成するだけでなく、継続的に見直し更新することが望まれています。
今後は財務諸表と同様に、企業評価の重要な指標になると見込まれます。
■知的資産経営報告書 作成事例
■知的資産経営支援内容
 下記は標準的な報酬の目安として掲載しております。事業所の規模・内容等も考慮いたしますので、ご気軽にご相談ください。
 地域団体、非営利活動法人、行政機関に対する支援につきましては、別途お問い合わせください。

項目 内容 報酬の目安
知的資産経営支援 ‘各支援(基本3か月)
継続支援(3か月更新)
180,000円〜
120,000円〜
知的資産経営報告書作成支援 〔榲限定簡易版
∩躪臠
50,000円〜
200,000円〜