石埜総合事務所
事業継続計画(BCP)策定支援
事業継続計画(BCP)とは
企業等が緊急事態(自然災害、大火災、感染症・・・)に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期の復旧を可能とするため、平時に行うべき活動や、緊急時における事業継続のための方法、手段などをあらかじめ取り決め、それを文書化したものです。
(出典:中小企業庁)
一般的な防災計画とBCPの違い
防災計画・BCP
(出典:中小企業庁)
東日本大震災や異常気象、テロ、感染症等々、緊急事態に対する意識の強まりから、単なる防災計画から、緊急時に限られた経営資源で事業継続を図るBCP作成の重要性が高まっています。
BCPの必要性と導入効果
【必要性】
1.家族や従業員の生命・安全を守るため
2.会社の重要業務を停止・中断しないため
3.顧客・取引先との信頼関係を維持するため
4.従業員の雇用を守るため
5.緊急時に世の中に貢献するため

【導入効果】
1.顧客や取引先からの信用が高まる。
2.従業員や協力会社との連携が強まる。
3.緊急時における資金調達計画を立てることにより、確実に復旧に取り組める。
4.早期の事業復旧により、新たなビジネスチャンスの可能性も出てくる。
5.自社の経営実態の把握や経営管理の再確認につながる。
プライバシーマーク(Pマーク)認証支援
Pマーク制度とは
プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。
 認証機関 一般社団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
 認証対象 JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを定めていること。
個人情報保護マネジメントシステムに基づき実施可能な体制が整備されており、且つ、個人情報の適切な取扱いが実施されていること。
 有効期間 2年間(2年ごとに更新を行える)
 審査費用 ‐規模事業者 30万円
中規模事業者 60万円
Pマーク取得のメリット
■個人情報を適切に取り扱っていることを、マークで示すことで、消費者や取引先にわかりやすくアピールできます。
■審査基準であるJIS Q 15001は、個人情報保護法を取り込んでいるため、個人情報保護法を遵守していることが示せます。
■個人情報取り扱い現場の審査を経て付与を受けるため、取引先等からも大きな信頼を得ることができます。
■社員等の個人情報保護に対する意識の向上が図れます。
■法令順守のための社内体制の構築、整備に役立ちます。
(出典:JIPDEC)
Pマーク認証支援
□個人情報保護対策は、事業規模・内容を問わず、すべての事業所での整備が求められています。
□貴社の事業内容を徹底的に解析して、個人情報保護のマネジメントルールの構築を支援します!